少年野球:睡眠の悩み

アスリートの悩みの全ては睡眠が解決するかもしれない

今回は主に10~30代の

野球がうまくなりたい

ケガで悩んでいる

野球の成績・パフォーマンスが伸び悩んでる気がする…

トップレベルの選手になるには何をすればいいの?

といった悩みの解決に役立つ記事です。

結論として、たっっっぷりと「寝れば良い」ということです。

「寝るだけ?」と思いますよね?

逆に聞きたいのが、皆さん「しっかり」寝てますか?

睡眠の意識を変えて、寝る時間や質を高めるだけで、野球(他スポーツも含む)だけではなく、仕事や生活全般が上向くのは、ほぼ間違いありません!

「ほぼ」なんてダメですね。笑

断言しましょう。あなたの全てが、上向きます!

 

その理由について、説明していきます。

睡眠時間の違い

2020年のNHK国民生活時間調査によると、日本人の平均睡眠時間は平日の場合、7時間12分だそうです。

ちなみに、これは2015年に行われた同調査に比べて3分短くなっています。

一方、トップアスリートと言われている選手たちの睡眠時間は、(*私がネットで調べた限りですが)8時間以上が当たり前毎日11~12時間寝ている、という人もザラにいます。

年間トータルにすると、日本人平均とは、かなり差がありますよね。1日2~3時間の違い → 年間730~1095時間の違いになる。

疲労回復には睡眠がいちばん

どんなマッサージも、どんなサプリメントも、どんなアロマも、

回復ツールとして、睡眠には勝てません。*睡眠のサポートツールとしては有効ですが。

なぜなら、睡眠には、肉体疲労にも精神疲労にも効果があるからです。

精神的な疲労回復

睡眠をたっぷりとることで、脳の疲労を取り除くことができるので

・ストレス解消

・集中力の向上

・「休めた」という感覚

を得ることができます。

ちなみに、多くの人の場合、1日6時間だと睡眠不足で回復には不十分です。

ごく稀に「ショートスリーパー」なる2~3時間の短い睡眠でOKな人がいますが、例外的な人種といえます。

睡眠時間が足りないと、ストレスを感じやすく空虚感や不安感が蓄積されてしまうんです。

肉体的な疲労回復

疲れた身体の組織を再生させるうえで、欠かせないのが成長ホルモンです。

脳を休ませる「ノンレム睡眠」には、成長ホルモンを分泌させてくれるという効果があります。

日本医事新報社によると、

睡眠とGH(=成長ホルモン)分泌は深く関連しており,

睡眠開始後にGHのパルス状分泌が起きる。

睡眠中のGH分泌は年齢,性差の影響を受け,

若年男性では1日のGH分泌量のうち約60〜70%が,

若年女性では5割未満が睡眠中に分泌される。

とのことです。

疲労やダメージからの修復・改善に、睡眠は欠かせません。

超一流プレーヤーは寝ることを大事にしている

長期間、世界のトップで活躍している選手たちが、スポーツのジャンルを問わず睡眠を大事にしているのは明らかです。

そんな彼らに共通するのは「勝負どころの集中力」にありますが、その辺も睡眠の質が大いに関連していると感じます。

ここでは4人の超一流プレーヤーの睡眠について紹介します。

ジャスティン・バーランダー

MLBの世界で、サイ・ヤング賞2回最多勝2回ノーヒットノーラン達成3回、なにより30代後半になっても高いパフォーマンスを発揮するバーランダー。

彼の成功の秘訣が睡眠にあることはよく知られています。

バーランダーの、睡眠に関するコメントは以下の通りです。

1日、10時間(以上)寝ている

私が長くプレーできるのはトレーニング=強化の成果より、リカバリー=回復を大切にした成果だ。回復とは、主に睡眠をとること

打撃成績で悩んでいる同僚が6時間しか寝ていないと聞いたから、そいつに『8時間は寝た方が良い』と伝えた。それから復調した

トレバー・バウアー

2020年、サイ・ヤング賞を受賞したバウアー。

実は、睡眠に関する悩みが過去にはありました。

本人いわく「なぜ良い睡眠がとれないのか、ずっと解明しようとしていたんだ。身につけられる最高の睡眠測定器を探していたんだ」(Full-Countの公式YouTubeチャンネルで独占インタビューより)

そしてバウアーは、睡眠をサポートする最新のデバイスを導入し、自身の睡眠をチェックしています。

テニスの2大王者も睡眠にこだわり

男子テニスの世界王者と言われたとき、「ノバク・ジョコビッチ」と「ロジャー・フェデラー」を思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。

長く、絶対的な強さを誇る2人も、やはり睡眠にこだわりを持ち、睡眠を大切にしているんです。

ノバク・ジョコビッチ

寝る前に、

瞑想をする

日記を書く

といったルーティーンを毎回こなしてベッドに入るなど、睡眠の質を高める工夫をしています。

ロジャー・フェデラー

グランドスラム優勝20回を誇るフェデラーも、睡眠に関するこのような記述があります。

僕は1日に11時間か12時間は寝たいんだ。そのぐらい寝ないと怪我をする

フェデラーは夜10時間寝て、昼間に2時間ぐらい昼寝をするらしい

*『テニス関連ウェブメディアTennis Tonic』より

まとめ

今回のポイント

10~30代アスリートは睡眠を見直すことで全てが上向く

肉体疲労/精神疲労、どちらも回復できるのが睡眠

世界を代表するトップアスリートは、睡眠にこだわっている

あわせて読んでいただきたい

パフォーマンス発揮したい、疲労回復したい→ガッツリ寝ましょう!

続きを見る

【疲労回復】パワーナップに役立つ仮眠アイテム5つ

続きを見る

今回は以上です。

-少年野球:睡眠の悩み

Copyright© まっちーブログ , 2021 All Rights Reserved.