少年野球:親の悩み

【入団を検討中の全ての親御さんへ】少年野球入団完全ガイドVol,1

こんな不安を持つ人に向けて

  • 自分の子どもが「野球やりたい」と言っている
  • 勧誘されたけど迷っている
  • 本人の意思は尊重したいけど…
  • 少年野球は当番とか親の負担が心配…
  • チームスタッフとうまく関われるか不安

といった不安を解決できればと思い、記事にしました。

まっちー

自己紹介

小学1年生から少年野球チームに入団させてもらった

当時の両親は私が5年生の頃から運営に参加

父親は私が6年生で主将のとき、保護者会長

ちなみに両親は人嫌いではないが、内向

両親は人付き合いで苦労はしてないが、悩んではいた

現在の私は、その時のチームでコーチをさせてもらっている

今回はVol,1として、

ウチの息子・娘は野球やりたいって言うけど...

う~ん、どうしようかな

なんか大変そうだな」と考えている人向けの内容です。

少年野球 めんどくさい

最初に結論をお伝えすると、

ポイント

始めるなら早い方が得です

入団したら、土日祝日はそれなりに野球に割かれることを覚悟しましょう

保護者の首領(ドン)/ボスらしき人を攻略しましょう(*方法お伝えします)

潮目が変わるのは11~12月(ここ重要です)

やらない選択肢もアリ!「中学から」とお子さんを説得するのもアリ

何をするにせよ、大切なのは「対話」(これがすべてです)

という感じです。

その理由を前編・後編に分けて説明していきます。

今回は前編です。

始めるなら早い方が得です

可能であるなら、小学校1~2年の時にはお子さんを入団させてしまいましょう。

その方が、色々有利です。

よほど部員不足で悩むチームは別ですが、基本的に高学年/レギュラー選手の親御さんが運営サポートをしてくれています。

基本的に1~2年生の入団は親御さんも含め、「未来の戦力」として歓迎され、大事にしてくれます

少年野球 いつから

練習参加も親御さんのサポートも低学年時はムリせず、もし来れたらお願いします」というレベルだと思ってください。

少年野球に携わっている親御さんの多くは良識ある人です。

あなたと選手(お子さん)の入団を心から喜んでくれます。

入団したら、土日祝日はそれなりに野球に割かれることを覚悟しましょう

「休日がなくなるんじゃないか?」と思う人に

半分その通り、半分違います

とお答えします。

どういうことか?

選手は基本的に土日は練習や試合です。

親御さんは?ご自身のスケジュールを優先でオーケーです。

練習/練習試合のときは家族旅行などを組み込んでも問題ありません。

少年野球 土日つぶれる

「そんなこと言っても保護者付き合いがあるし...」という人もいますよね?

そういった人は、すぐ下の章を読んでもらえればと思います。

保護者の首領(ドン)/ボスらしき人を攻略しましょう

この話は、少年野球に限らずビジネスや日常生活にも大いに活用できると思うので、ぜひ覚えておいてください。

チームによっては「保護者会長」などのポストに、

首領(ドン)/ボスともいえるような強烈なキャラクターが就いていることもあるかと思います。

少年野球 親

芸能界でいうところの和田アキ子(*敬称略)といったところでしょうか(笑)

このアッコさん系保護者会長の攻略ポイント

ポイント

悩みごとを

「あなた(ボス)が頼りなんです」と明確に伝え

「ここだけ」の話として

真っ先に、こっそり、悩みを相談する

これを実行できればアッコさんのハートわしづかみです。

「ここだけ」という限定を用いるのがコツです。

父母会長・保護者会長のような立場の人は、「ここだけ」的な話には、ひときわ反応があるはずです。

たいていのトラブルは相談するべき・限定すべき相手や順番を間違えたり

そもそも相談しなかったことが発端となりがちです。

TwitterやYahoo!知恵袋でクラブ活動における保護者会長らしき人とのトラブルというのもたびたび目にします。

しかし、たいていのアッコさん系保護者会長は

人間味があり、話すと楽しかったり、人気があったり、頼りがいがあります。

だからこそ衝突した時の反動って凄まじいですよね?

少年野球 ママ付き合い

彼らは、実は

ウチが今年の保護者会を引っ張っていくで!

なんでもウチを頼ってくれや!

というタテマエを前面に出す一方、

自分をいちばん重要視して欲しいねん

みんなに認めて欲しいねん

でもそれを自分からは言えへん

というホンネをひた隠しているものです。ココが重要です

少年野球 付き合い

そのホンネ引き出せればあなたの勝ちです。

たいていの悩みは「よっしゃ!任せとき!アッコにおまかせや!」

と気前よく聞いてくれることでしょう。

アッコさんとの付き合いが長い短いは関係ありません。

タテマエホンネが理解できているかどうかが重要なんです。

見返り?アッコさんはそんなもの求めないと思います。

もともと「やりがい」を感じているはずなので、

役立てた(面目躍如)

頼ってもらえた嬉しさ

が強いので、むしろ「頼ってくれてありがとな!」となるのではないでしょうか。

そうすることで、例えば「退団」とか「外せない私用で大事な試合を休む」といった出来事も、事前に相談を受けているアッコさんは

「みんな!分かってあげよう!」の一言で解決してくれます。

その後、他のメンバーには「ウチ、前から事情聞いてたんやけどな…」

とフォローも入れてくれることでしょう。

少年野球 めんどくさい

味方にすると、非常に頼もしい存在です。

大事なコトほど最初にボスの耳に入れておく、という点を押さえておきましょう!

あとは、強いて挙げるならアッコさん系保護者会長の側近キャラがいれば、その人へのケアも必要ですね。

そのケアもまたタテマエホンネが役立つと思います。

今回は以上です。

後編に続きます。

【入団を検討中の全ての親御さんへ】少年野球入団完全ガイドVol,2

続きを見る

あわせて読んでいただきたい

【解決策】少年野球(スポ少)の保護者間トラブルを回避するには?

続きを見る

令和時代のスマート根性論【*仮】について

続きを見る

今回は以上です。

-少年野球:親の悩み

Copyright© まっちーブログ , 2021 All Rights Reserved.