少年野球:トレーニングの悩み 少年野球:親の悩み

断言します。野球少年少女のカラダづくりに、サバ缶が最高です。

野球少年少女の親御さんの

野球少年のママたち
夕飯のおかずに、もう一品ほしい!

子どもに、何を食べさせたらいいの?

ムリなく体を大きくするには、どうしたらいいの

食事に気を遣うのって疲れる

といった悩み解決に役立つ記事です。

結論は、「サバ缶が最高・最強なので毎日でも食卓に並べてください」となります。

私自身、サバ缶で今のカラダが作られた、と思えるほど世話になってますし、自分に子どもがいたら、サバ缶好きになってもらいたいです。

過去にもサバ缶が世間的に注目されてきましたが、今回は改めて、野球人にとってのサバ缶の魅力をお伝えしていきます。

サバ缶の魅力

そもそも、私はサバ缶の味が好きです。

大真面目に、サバ缶は毎日でも食べられますし、食卓にサバ缶さえあれば文句ありません。

手の込んだ料理とかじゃなく、サバ缶が最高なんです!

10年間の1人暮らし生活でも、ホントお世話になりました。

味の好き嫌いを問わず、サバ缶はアスリートのカラダづくりにオススメです。

その魅力とは、

サバ缶の魅力

不飽和脂肪酸が豊富

・不飽和脂肪酸の中でもDHA/EPAが豊富

ビタミンDやカルシウムが豊富

つまりサバ缶、最高

それぞれ、どんな役割があるのでしょうか。

不飽和脂肪酸が豊富

「三大栄養素」の1つといわれる脂質

脂肪を作る成分である脂肪酸は「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」の2つに大別されます。

✕飽和脂肪酸

常温で固まりやすい性質がある

摂りすぎると、コレステロール・中性脂肪を増加させやすい

〇不飽和脂肪酸

常温で固まりにくい性質がある

血中のコレステロール・中性脂肪を調整してくれる

サバ缶の不飽和脂肪酸には、DHA・EPAが豊富に含まれています。

DHA・EPAが豊富

DHAは、

DHAのメリット

DHAは体内で合成できない=食べるなどして摂取する必要がある

脂肪燃焼の促進

高血圧、脳卒中、皮膚炎などの予防と改善の効果がある

記憶力などの認知機能、行動能力に好影響

次にEPAは、

EPAのメリット

・EPAも体内で合成できない

心臓病や脳梗塞、動脈硬化を防ぐ

中性脂肪値を下げる

血液をサラサラにする

血液がサラサラになることで、酸素や栄養が行き渡りやすくなります

これが、サバ缶がカラダづくりに最高である最大の理由です。

せっかく摂った栄養も、届かなければ排泄されて終わっちゃいますからね。

つまり、サバ缶は食事の効果を最大限に引き出してくれるんです

野球少年少女に限らず、いつでも血液サラサラの状態を目指しましょう

DHA・EPA摂取の注意点

血液サラサラ効果を裏返すと、

摂取しすぎると出血した場合止まりにくくなる

疾患によっては、サラサラ過ぎが悪影響になり得る

といったデメリットでもあるので、過剰摂取=食べ過ぎはやめておきましょう

ビタミンDやカルシウムが豊富

ビタミンDは、日本人の約80%が不足していると言われている栄養素です。

ビタミンDの役割

骨を丈夫にする

骨の成長や再生を助ける

カラダづくり=骨格づくりであり、理想の筋肉をつけるには骨が丈夫であることが不可欠です!

その骨に必要な栄養素が、ビタミンD

ビタミンDの特徴として、日に当たることで、皮膚で合成されることが挙げられます。

その一方で、食事で摂取することは困難なのもビタミンDの特徴です。

しかし、サバ缶には成人男女の1日あたりの目安量を上回るビタミンDが含まれています!

ビタミンDだけでなく、カルシウムも豊富!

結論:サバ缶、最高です

食事もトレーニングの重要な一部です。

サバ缶は、野球少年少女のカラダづくりを大いに助けます。

今回のポイント

サバ缶は、血液サラサラにしてくれる

サバ缶は、骨を丈夫に、強く、再生してくれる

サバ缶は、頭(=行動能力など)にも良い

結論:サバ缶、最高です。

カラダだけではなく、お財布にも優しいのもありがたいです。

普段の食事で「もう一品・・・」と迷っている野球少年少女の親御さん、ぜひお子さんの食事にサバ缶を加えてみてください!

あわせて読んでいただきたい

サバ缶とは反対に、「摂取しない方がいい」のが白砂糖です。

スポーツドリンクの中にも、多量の白砂糖が含まれています。

知らないと後悔する、砂糖を摂り過ぎてはいけない理由5つ

続きを見る

知られてないけどヤバい!スポーツドリンクの危険性

続きを見る

今回は、以上です。

-少年野球:トレーニングの悩み, 少年野球:親の悩み

Copyright© まっちーブログ , 2021 All Rights Reserved.