少年野球:トレーニングの悩み

32歳一般人が116→125キロに球速アップできることを実証しました

私は今年33歳になりますが、いまだに球速アップを目指しています。

別に、プロを目指しているわけではないんですがね。笑

ただ、コーチングする上でも自分でパフォーマンスを発揮できると、説得力が増すんで、やっぱりこだわりたいです。

ちなみに、

・2020年:116km/h

2020年6月に記録しました

当時のフォームがこんな(↓)感じ*画質悪くてごめんなさい

で、翌年にはどうなったかというと...?

・2021年:120~125km/h

球速が5km/h以上伸びました!

嬉しいですが、当面の目標は、あくまで130km/h

まだまだ伸ばしたいんです。

そして、その方法は確立されています。

あとは、その方法を実践するだけ!

っていう状態なので、私のモチベーションはかなり高いです。

難しいことは何もしていません。

今回は、自宅でできる!私が実際に球速アップに成功させた方法について、お伝えしていきます。

方法:たった2つを無理なく続けるだけ

私が球速アップのために、採り入れているトレーニングは2つです。

方法①:J-BAND(Jバンド)

正式名:JAGUAR-BAND=Jバンドというアイテムを使って肩肘周りを強化します。

Jバンドの使用目的

肩肘の

練習/試合前の準備

練習/試合後のケア

練習での強化

全てにアプローチしてくれます。

詳しくは、こちらの記事をご参照ください。

【至高の野球トレーニングギア】Jバンドは何に効果があるのか?

続きを見る

方法②:股割りメソッド

プロ・アマ問わず野球トレーニング界で、超有名なトレーナー:高島誠さんが提唱する股割りメソッドです。

見た目は単なる柔軟運動ですが、入念にやるとじんわり汗が出るほど地味にハードですよ。

動画に出てくる道具は、身のまわりの何かで代用すると良いと思います。

・お尻に敷く台→座布団など

・かかとに敷くシート→タオルなど

ってな感じです。

以上の2つを、球速アップのためにやってます。

ぶっちゃけ、毎日じゃなくて良いと思う

「Q:毎日やった方がいいの?」という質問への答えは…

A:そりゃ、毎日やった方がいいです。でも、無理しなくてOKですよ。

と、なります。

正直に打ち明けると、Jバンドも股割メソッドも毎日必ず続けている、というわけではありません

でも、球速は上がったんです。

それも、この1年ほどで平均・マックスともに10km/h近く!

1年でこの上がり方って、我ながらスゴイんじゃないかと思うんですよね~。

方法さえ合ってれば、じっくりでOK

私が採り入れている方法が、誰にも合っているとは限んないです。

そこは、自分に合った方法を探しましょう。

自分に合った方法が見つかれば、あとはじっくり継続するだけ!

モノによりますが、半年とか1年で「おや?」という変化=成果が表れますよ

成果が表れると意欲というトリガーが発動する

私自身がまさにこれで、変化が表れると次のトレーニングの意欲につながります。

成果が表れ始めると

成果が出る→意欲につながる

すると

また成果が出る→また意欲につながる

「意欲」というトリガーさえ発動すれば、こっちのもんです。

努力が楽しくなって、じっくりでは物足りなくなるかもしれません。

だからこそ、成果を「0→1」にするまではじっくりいきましょう!

今回は、以上です。

-少年野球:トレーニングの悩み

Copyright© まっちーブログ , 2021 All Rights Reserved.