少年野球:コーチングの悩み 少年野球:親の悩み 少年野球:部員不足の悩み

【人間関係】精神面を超!超!超!ラクにする考え方の話

まっちー
自己紹介

少年野球のコーチ歴3年です

現チームでのトラブルは(たぶん)ゼロです

コーチングの勉強として心理学やマーケティングに関する本を月に5冊ペースで読んでいます

少年野球に携わる皆さんの

人間関係で悩みたくない

私の悩みは、だいたい人間関係が原因だ

解決できる、参考になる名言とかあれば知りたい

といった悩みの解決に役立つ記事です。

今回の結論は、

・他人は変えられない

・変えられるのは自分

他者を「評価」しない

他者の「評価」を気にしない

ということです。

これが身に付けば、人生そのものが、超!超!超!楽になります!

その詳細を以下で説明していきます。

「他人の評価」が諸悪の根源

周りから認めてもらう必要ってどれほどあるのでしょうか?

私の答えは「(必要なんて)微塵もありません」です。

そう考えたら、なんだかラクになってきませんか?

こう思われたら嫌だな

逆に

こう思われたい!

という願望が誰しもあると思います。

が、そんな苦しい考えは捨ててしまいましょう。

誰かに認めてもらおうなんて思わず、自分の中で納得した通りに行動すればいいんです。

ここで、アドラー心理学の名著「嫌われる勇気」より関連する部分を抜粋すると

他者からの承認を求め、他者からの評価ばかりを気にしていると、最終的には他者の人生を生きることになります

~中略~

「誰かが始めなければならない。他の人が協力的でないとしても、それはあなたには関係ない。私の助言はこうだ。あなたが始めるべきだ他の人が協力的であるかどうかなど関係なく」。

他人はどうでもいいんです。

すべては「あなた」の問題です

何に納得するのか?

では、何に、どう納得すれば良いのか?

答えはシンプルです。

誰かの役に立つ、すなわち「他者貢献」です。

他者貢献とは、

他者がわたしに何をしてくれるかではなくわたしが他者に何をできるかを考え、実践することです。

「自己犠牲」ではない

他者貢献と聞くと、自己犠牲と履き違えてしまう人がいます。

両者には

他者貢献自分の時間=人生を生きながら、役に立つ

自己犠牲他人の時間を生きて、自分の時間=人生を犠牲にしてしまう

という違いがあります。

別な言い方をすると、

他者貢献他人の評価を気にしないし、見返りを求めない

自己犠牲他人の評価を欲し、自分への見返りを期待してしまう

未来も過去も無視!「いま、ここ」だけしかない!

過去のあれこれを引きずったり、

先行きのことを考え不安になったり、

時間がもったいないです。

考えることはできても、過去を操作できないし、未来を変えることもできません

なにか(要は他者貢献)ができるのは「いま、ここ」しかないんです。

「いま、ここ」に集中していれば、過去のあれこれも、先行きの不安も自然と吹っ飛びます

直前まで喧嘩をしてても、

宿題が山積みでも、

目の前の遊びに全力で夢中になってる子どもたちが良い例です。

まとめ

他人の行動や考え方は変えられない自分の行動や考え方はすぐにでも変えられる!

自分を変えるために必要なものはたった1つ!「勇気」だけ!

勇気をもって、承認欲求を捨ててしまえ

他人からの承認を求めるな他者貢献の方法を探そう!

いちばん大切なのは、他者を「評価」しないということ

あわせて読んでいただきたい

少年野球、ママさん同士のトラブル解決方法はこれ!

続きを見る

【解決策】少年野球(スポ少)の保護者間トラブルを回避するには?

続きを見る

今回は以上です。

-少年野球:コーチングの悩み, 少年野球:親の悩み, 少年野球:部員不足の悩み

Copyright© まっちーブログ , 2021 All Rights Reserved.