少年野球:コーチングの悩み

【少年野球コーチング】「優れた指導者」は具体的に何をしているのか?

まっちー
自己紹介

少年野球コーチ歴3年

私自身は「優れた指導者」ではなく、学んでいる真っ最中

今回は、少年野球指導者(と、それを目指す人)の

選手=子どもたちへの指導方法がわからない

選手たちの心をつかむような指導法ってなに?

どうすれば「優れた指導者」になれるの?

といった悩みの解決に役立つ記事です。

結論は、優れた指導者と言われる人には共通点があるということです。

プロ野球の世界だと

故:野村克也さん、その一番弟子と言われる古田敦也さん、巨人の投手コーチ:桑田真澄さん、といった人たちが挙げられるでしょうか。

あとは(少々マニアックですが)高校野球の世界だと

広島県私立武田高校(外部リンク):岡嵜雄介監督

秋田県立十和田高校(外部リンク):神居恵吾監督

といった魅力ある選手を育てたり、高校野球の常識を覆すアプローチを行う指導者が出てきています。

このような優れた指導者にはどういった共通点があるのか?

それを知り実践することで、コーチングの悩みが解決できたり、

経験・資格を問わず、優れた指導者として、あなたもちょっとした有名人になるかもしれません

今回は、「優れた指導者の共通点」を3つ紹介していきます。

共通点①才能は伸ばせるという発想

知力や才能が伸ばせるものであると確信していることです。

スポーツ雑誌やインタビューで

『チーム内で目立たなかった選手の才能・素質を見抜き、魅力を引き出した名将・名伯楽』、みたいなストーリーを見たり聞いたりしませんか?

なぜそんなことが可能なんでしょう?

まさしく、指導者が「人は変われる!」の信念のもと、才能を伸ばし成長する手助けしてきた成果以外の何物でもありません。

で、そういった指導者は取材されると

涼しげに「私は大したことはしてませんよ。」と言い、

育った選手は「〇〇(指導者)さんのおかげです!」って言うんですよね。

いや~こういうやりとり、指導者として憧れます。

インタビューされて

まっちー
「私はなにもしてません。」

とか言ってみたいな。笑

共通点②:学ぶプロセス(過程)を大切にしている

学んだ成果ではなく、学ぶプロセス(過程)を大切にしているということです。

この時大事なのが、

コーチと選手の関係の場合、選手ではなく、学ぶのはむしろコーチ側であるということです。

優れた指導者ほど、教えることよりも学ぶことに関心があるといわれています。

「自分は完成した存在だ」「ほぼ全てを理解している」なんて思っているコーチ・指導者には理解できない話かもしれません。笑

 

共通点③「人は変われる」という信念

優れた指導者のもう一つの共通点は、

「人は変われる!」という信念があるということです。

ちなみに、パーソナルトレーニングジムのRIZAPの理念も「『人は変われる。』を証明する」っていうのはご存知でしたか?

ついでに、ブログ筆者は7年前からRIZAP-Gの株式を3100株(2021年5月時点)保有しています。

この「変われる」は見た目以上に、気構えとか考え方(=マインドセット)といった部分が大きいです。

【少年野球】トラブルメーカーの撃退方法「しなやかマインドセット」を紹介!

続きを見る

まとめ

今回のポイント

優れた指導者の共通点3つ

才能は伸ばせるという発想がある

学ぶプロセス(過程)を大切にしている

「人は変われる!」という信念がある

あわせて読んでいただきたい

【2021年】球速アップへのアプローチ!最大外旋位とは?

続きを見る

【2021年度版】少年野球の監督コーチが取得すべき資格

続きを見る

今回は以上です。

-少年野球:コーチングの悩み

Copyright© まっちーブログ , 2021 All Rights Reserved.