少年野球と働き方

【働き方】地方って仕事がない?それ、たぶん誤解です。

今回は、

地方って、仕事が無い

という悩みの解決に役立つ記事です。

結論としては、「地方とか都会とか関係ない」と思います。

まっちー
自己紹介

2007年地元の高校を卒業、そこから約10年東京でフリーター

2017~2020年地元の農業法人にUターン就職、のち退職

2020年~Webライター/ブログ運営/スポーツジムでアルバイト、という3つの仕事を行っている

仕事に対する考え方が変わって、思い切って脱サラし、フリーランス(ときどきバイト)という働き方を始めました。

今回は、地方暮らしの働き方について解説していきます。

「都会暮らし」で消耗してませんか?

都会暮らしって…

毎日の満員電車

やたらと高い家賃などの物価

今だと「五輪強行開催のため」という名目で、飲食店などの営業制限で飲みにも行けない

(日本の)都会暮らし、もはやメリット無いと思うんですよね。

「都会ならでは」を味わうのって、「たま~に」で十分です

私自身、東京で生活していた当時、ふと「都会にこだわる必要はないのでは?」と感じるようになりました。

その頃の仕事はというと、神宮球場でのグラウンド整備です。

神宮球場でのレアなバイトを5年間経験して人生観が変わった話

続きを見る

働き方は「東京ならでは」だったのですが、休みの日や仕事に帰ってからはというと・・・

そうです、パソコン開いてYouTube視聴ばかりしていました。笑

20~30代の人は、似たような家での過ごし方の人多くないですか?

買い物も遠出せずにAmazonで通販、日用品は近所のコンビニやスーパーで買い出し。

都会ならではのライブ・コンサート等も行きません。

あ、でも東京ドームでの野球観戦は、何回か行きましたよ。

ただ、混雑すごいし鳴り物うるさい(鳴り物応援反対派ですw)、グラウンドも遠くてよく見えない・・・

結局、「だったら家でネット(テレビ)観戦でいいな」となっちゃいました。笑

もし現地観戦するなら、良い席のチケットを買って、じっくり観戦したいです。

となれば、都会っぽい所に行くのは「たま~に」程度でOKとなります。

結論、「たま~に」なら地方暮らしでOKなんですよね。

私はUターン「就職」しましたが、3年で退職

私の場合は2017年、故郷である新潟県上越市の農業法人にUターン就職しました。

別に農業に興味があったわけでも、

経験があったわけでもなく、

なんとなく「もう、東京はいいかな」と思ったのが理由で

そこに「ちょうど条件のいい求人情報があった」ってな感じです。

加えて実家暮らしだから、生活費も圧倒的に減らせますしね。

実際、3年間で約¥400万の資産を作り、それは全て貯金ではなく米国株に充てています。

田舎・地方の仕事といえば?

地方で働く、と聞いて真っ先に思い浮かぶのは、例えば公務員。

他にはサービス業(レジ/フロント)・土木・建築・運送・看護・介護・保険の営業、こんなとこでしょうか。

これって、ある意味で正解、別の意味では不正解です。

「ある意味」とは、求人誌やハローワークで探すことで、これだと確かに、仕事はこのへんで限られてきますよね。

では、「別の意味」とは・・・

仕事は、探し方・考え方次第

別に意味、つまり探し方・考え方を変えることで見える世界が変わります

現代は、パソコン1つで完結できる仕事って、世の中に溢れてますからね。

いわゆる、クラウドソーシングってやつです。

クラウドソーシングの例

たとえば、

ライター

動画編集

プログラマー

こうした仕事は、ここ数年の間に需要が増えています。

今後も増えることが予想されますが、一方で担い手が不足気味、と言われてるんです。

今からでOK!スキルを高めればいい

パソコン・スマホで行える仕事、クラウドソーシング。

とはいえ、「でも、自分にはそんな技術=スキル無いって~」と思う人もいますよね。

私も、そう思っていた一人です。

恥ずかしい話、「クラウド」「Wi-Fi」といった言葉の意味が5年前(当時:26~27歳)までわかってませんでした

しかし、せっかく地方で合理的に働く方法があるのなら、スキルを高めてみませんか?

まずは自分で調べてみる

スキルを高める第一歩。

それは、まず自分で調べることです。

「クラウドソーシング」とキーワード検索するだけでも、色々出てきます。

が、それすら調べるのが面倒な人、手っ取り早く調べ上げたい人には、こちら(↓)がオススメです。

働き方の集合体:「人生逃げ切りサロン」

私の場合、現時点でたどり着いた答えが「人生逃げ切りサロン」でした。

パソコン1つで完結できる仕事を、初心者から学びたいという人に、迷わずオススメできるのが、この「人生逃げ切りサロン」です。

(自称)史上最も勝ち組フリーランスを輩出した男:やまもとりゅうけん氏が主宰しています。

ちなみに、私は当サロン内の「WONDERFUL WRITER(ワンダフル ライター)」でライターで稼ぐための講座を受講しています。

他にも以下のような講座が用意されているので、見てみてください。

スキルを身につければ、仕事=収入面で人生「逃げ切る」ことが可能です!

ワンダフル コード

プログラマー(プログラミング)のスキルを高めたい人には、WONDERFUL CODEです。

ただ、プログラミング単体だと地方の仕事は限られるので、いくつかのスキルを組み合わせた方がいいみたいですね。

ワンダフル デザイナー

Webデザイナーのスキルを、初心者でも学べるのが、WONDERFUL DESIGNER

Webデザイナーとは、企業などのWebサイトをデザインする仕事で、平均的な年収は¥300~400万と言われています。

地方でも、ネットサービスに力を入れる企業が増えてるので、需要は増える一方です。

さらにスキルアップすることで、Webディレクター、Webプロデューサーへと転身できれば、収入は大幅アップします。

ワンダフル ムービーエディター

動画編集の仕事も、全国どこでも需要があります。

極端な話が、パソコンがあれば旅をしながらでも仕事ができるわけです。

旅しながら仕事ってのもどうかと思いますが、「不可能ではない」とだけ理解していただければと思います。

2021年7月時点で、他にもノーコードなど7つの講座があるので、気になる方は探してみてください。

今回は以上です。

-少年野球と働き方

Copyright© まっちーブログ , 2021 All Rights Reserved.