少年野球と働き方

【企画・立案の悩み】ひらめきたい人は「〇〇なところ」に行こう!

今回の記事は

企画・立案を任されて困ってる

なにか面白いアイディア無いかな

という悩みの解決に役立つ記事です。

今回の結論は「プライミング効果の活用」にあります。

プライミング効果とは?

どう活用するの?

それが分かることで、短時間でアイディアが浮かんだり、ひらめきのスペシャリストになれるかもしれません。

以下で、その説明をしていきます。

プライミング効果とは?

プライミング効果とは「暗示」のようなものです。

分かりやすいのが、お笑いコンビ:ロッチのネタで有名な「ピザって10回言って」っていう、アレですね。

ピザって10回言った後、肘を指さし「ここは?」と聞くと、つい「ヒザ」と答えてしまう、あれです。笑

人は、その環境や言葉に影響を受けることで、脳に暗示がかかります。

プライミング効果の実例

こんな実験があります。

プライミング効果の実験

【実験内容】

2つのグループ(AとB)を作る。

被験者たちにクッキーを食べてもらう。

この時、

グループA部屋に洗剤の微かな香りを流す
グループB:部屋は無臭

【結果】

食べたあとで机の上の食べかすをキレイにする人が、グループABの3倍だった

これは微かな洗剤の香り「清潔感」のような暗示がかかり、キレイにする、掃除するという行動につながったというわけです。

この暗示がプライミング効果となります。

企画・立案のアイディアを出したいなら

では、プライミング効果を活用して企画・立案のアイディアを出したい人は、何をすれば良いのか?

答えは「場所」です。

中でも「天井の高いところ」で考えることです。

具体的にどんな場所があるか?

こんな経験はありませんか?

こんな経験

仕事や学校で行事などの「企画」を提案しなければならなくなった。

オフィスや教室であれこれ考えても何も浮かばない

結局これといった案が出ないまま。

その日の帰り道、アイディアのことを考えながら道を歩いていたら「はっ!」とひらめく瞬間が・・・!

「空の下=天井が高いどころか無い」という場所のプライミング効果が、あなたのひらめきの役に立つというわけです。

気分転換の散歩は本当に効果がある

アニメ「サザエさん」に出てくる伊佐坂さん、わかります?

有名な作家さんという設定の伊佐坂さんが登場するシーンで多いのが

「執筆に行き詰まり、気分転換で近所を散歩する」

というシーンです。

あれって、アイディア出しするうえで、理に適った行動なんです。

狭い部屋にこもったり、一般的なオフィスルームでアイディアに煮詰まったら

・外を歩いたり

このご時世では少し難しいですが、

・ショッピングモールのような天井の高いところに出かけてみる

そこで考え事をしてみると、良いアイディアがひらめかもしれません。

ぜひ、お試しください!

まとめ

今回のポイント

プライミング効果とは「暗示」のようなもの

企画・立案のアイディアを出したいなら場所が重要

気分転換の散歩はマジで効果がある

あわせて読んでいただきたい

【ポイントは3つ】なぜブログが現代の少年野球に必要なツールなのか

続きを見る

伝えにくい内容を穏便に伝える為のたった1つの注意点

続きを見る

今回は以上です。

-少年野球と働き方

Copyright© まっちーブログ , 2021 All Rights Reserved.