少年野球:親の悩み

【解決策あり】少年野球の「親の負担」を減らすには?無くすには?

今回は、少年野球に携わる親御さんの

練習日に回ってくる「お茶当番」が物理的・精神的にツラい

「お茶当番」やりたくない、チームを辞めたい

「お茶当番」が不安で、子どもの入団を決めかねている

といった悩みの解決に役立つ記事です。

今回の結論は「『お茶当番』なんて、さっさと撤廃しましょう」となります。

この記事を読んで、一部のチーム指導者や親御さんから反発の声があるかもしれません。

それでも私は記事にします!

ちなみに当ブログ、新潟市スポーツ協会新潟県野球連盟から承認をもらってるんです。

↑のメールをいただき、

↓のように、指導者講習会に参加した皆さんに向けて、紹介していただきました。

ぜひ野球界が抱えている課題なども発信してください

というメッセージをいただいてますから、遠慮なく発信します。

私に文句があるという人は・・・

お手柔らかにお願いします(^^;) *反発の強いコメント等、頂いてもスルーさせていただきます

では本題に入ります。

練習日の「お茶当番」は不要

まずもって、私がコーチをさせてもらっている【ひがし・S・ライナーズ】には、お茶当番がありません。

なので「お茶当番」の全てを把握しているわけではありません。

で、気になってSNSやWebサイトで「お茶当番」について調べたところ、衝撃が走りました。

「世の野球少年の親御さん(主にお母さん)に、こんなことをさせているチームが存在するの?」という内容です。

というのが、

・練習の開始から終了まで付きっきりで

・選手や指導者が飲む麦茶を、ジャグ(大きくて共用できる水筒のようなもの)で用意

・ジャグの中身が無くなったら補充

・ケガなどに備えて待機

・チームによっては、監督コーチの好みに合わせたコーヒーを用意

特に『監督(中略)コーヒーを用意』がヒドい

何ですか?『好みに合わせたコーヒー』って?

ありえない!やってるチーム、今すぐ止めてほしい!

「朝から晩まで練習してたら…」⇦まずこれが異常

救護だって、そもそも指導者が対応するべきです。

もちろん、手伝ってくれる親御さんがいたら非常に心強いですよ。

でも真っ先に救護に携わるべきは、指導者です。

例え練習が中断したとしても、選手の健康が第一に決まってます。

選手の飲み物も、各自で用意すればいいんです。

これを言うと、

「いや朝から晩まで、長時間ぶっ通しで練習してたら飲み物無くなるじゃん」と言う人がいます。

ちょっと待っていただきたい。

朝から晩まで?

ぶっ通しで練習?

まず、それが異常であることに気付きましょう

年に数回、合宿的なイベントとしてやるんなら話は別ですよ。

けど、少年野球の練習が朝から晩までぶっ通すのが当たり前のチームは、異常です。

小学生の身体や心にとって良くないことは、以前から指摘され続けています。

Number Web など、大手メディアでも取り上げられています。

野球離れの原因は“長すぎる練習時間”…学童野球に必要なのは“大人の指導”ではない(著:高木遊)

筆者の高木さんは、独自の取材で素晴らしい記事を執筆するライターさんとして有名な人です。

「『長時間練習やっとけば強くなる』なんて幻想だ」ってことに、気づきましょう。

自発的な手伝いは、もちろんありがたい

親御さんの話に戻します。

親御さんが自発的に参加してくれるなら、それは歓迎すべきことです。

ウチも、練習にお母さん方お父さん方が参加して手伝ってくれてますが、当番制ではありません。

みなさん自発的に来てくださり、非常に助かってます。

試合となると…

「親の負担は全く必要無いのか?」というと、そうでは無いのが現状です。

大会・試合となると、サポートが欠かせません

ウチのチームでも、試合に関してはどうしても親御さんのサポートが必要なので、

球場への移動

スコアブック *ここに関しては「無くす・簡素化する」方向でJSBBに動いていただきたい

審判 *ここも、「人員を減らす」などの軽減策を、JSBBに決めてもらいたい

BSO(カウント)や球数のカウント *廃止・簡素化しても良いのでは?

この辺をお願いしています。

もちろん、各家庭で事情が異なりますから、どうしても頻繁に手伝ってくれる人、ほとんど来れない(来ない)人の差が出るのは間違いありません。

「親の負担」の解決策

では結局のところ、少年野球・スポ少の「親の負担」の解決策って、どうすればいいんでしょう?

どうしたって、毎回のように来てくれる人とそうでない人の差は出ます。

しかしそれを嘆いても始まらないし、解決しないですよね。

ここからは、

指導者ができること

親御さんができること

と言う視点で、提案させていただきます。

指導者ができること

指導者ができること、それは「来てくれる親御さんの満足度を高めることです。

今日も楽しかった

参加して良かった

また参加しよう(したくなる)

と思ってもらうことです。

具体的に何をしたら良いのか?

これは、長時間練習や怒声罵声が代表例であるように

選手たちを萎縮させる

選手が指導者の顔色を伺うような野球

指導者の怒声罵声でいつも雰囲気が悪い、暗い

勝つことだけを目的にしている

といったダメなチームを反面教師にすれば良いです。

そして、「子どもたちの自発的な成長」を目的=判断基準にしましょう!

どんな練習をしてどんな声かけをすれば良いか、答えが出てくるはずです。

その積み重ねで、きっと子どもたちの満足度が上がります。

充実した表情で家に帰ってきた我が子を見れば、親御さんもきっと…

活動に参加してもしなくても、親御さんの満足度にもつながっていくのではないでしょうか。

親ができること

親ができることは何か?

極論ですが下記を選択することだと思います。

全部おまかせ」できるチームに入団、移籍

とどまって前向きにチームに参加する

個人的なオススメは後者です。

「全部おまかせ」できるチームの代表例に「ポルテ」というスクールがあります。

正直この「ポルテ」ってスクール、私もよく知らないです。

ただ「完全なおまかせ」を希望する人は、調べてみても良いと思います。

↓の画像をタップ(クリック)するとサイトに移動します。

一方「前向きなチーム参加」ですが、これは物理的な参加だけではありません。

仕事や所用で参加できなくても、精神的に前向きでいることも「前向きなチーム参加」です。

具体的な内容は、こちらの記事でお伝えしています。

【少年野球】親の「行きたくない」「参加したくない」を解決したい

続きを見る

せっかく携わるんですから、お子さんと一緒に前向きに関わってもらえれば、と思います。

親同士のトラブルは?

親御さん同士のトラブル。

これは起きるかもしれません。

でもそれって、少年野球に限った話じゃないですよね?

どこの誰にだって、意見や考え方の対立って起こり得ることです。

そうなったら、親(大人)同士で解決してもらうしかありません。

で、指導者が仲裁に立つのが早期解消になると思います。

仲裁に立つ目的は、

・トラブル解決のため

・互いの言い分を聞き、本音を引き出す

・互いが「どうしたい」「どうなりたい」のかを引き出す

本音を引き出せば、自然と答えが見えてきますし、第三者が仲裁に立つと落ち着くことが多いです。

間違って「誰か(どちらか)を勝たせよう」「どちらかを悪者にしよう」なんて考えると、事態を悪化させかねないので気をつけましょう。

まとめ

今回は少年野球の「親の負担」をテーマに、

今回のポイント

練習日の「お茶当番」は不要

「朝から晩まで長時間」が常態化してるなら見直しを!

ウチの場合、試合となると親御さんのサポートが必要

結論「親の負担」を完全に無くすのは難しい

「親の負担」の解決策はある

といった内容をお伝えしました。

少年野球に限ったことではありませんが、「いろんなチーム」に「いろんな事情を抱えている人」が参加します。

それでも野球という素晴らしいスポーツに携わることで、お子さんやその周囲の人の生き方が前向きなものになれば、と願っています。

今回は以上です。

-少年野球:親の悩み

Copyright© まっちーブログ , 2022 All Rights Reserved.