少年野球:コーチングの悩み

【少年野球】どのポジションが重要?相手が強敵なら、ズバリ「ここ」です

今回は、少年野球指導者の

強いチームを相手にすると、全然勝てない...

ウチは、守備に自信のある選手が少ない...

どのポジションに重点を置けばいいの?

限られた戦力、どのポジションを優先的に決めればいいの?

といった悩みの解決に役立つ記事です。

結論は、「強いチームと対戦するなら『サード』」です。

「え?ピッチャーでしょ!キャッチャーでしょ!」

と思った、そこのあなた。

その通りです。笑

もはや、そこは大前提です。

大前提の次の段階として、相手がそこそこ強いことをイメージしてください。

おそらく相手バッターの三振の数は減り、一定方向に打球を飛ばしてきます。

そして、その打球の行方の3~4割が...、そう!サードなんです!

少年野球の場合、5イニング(長くて7イニング)

15個(21個)のアウトのうち、3~4割の打球を、サードが全てアウトにできれば...。

たとえ味方投手の球速が遅くても、強敵相手に勝つのは、夢ではありません。*私の実体験です。

小6の1年間、私の主戦場はサードでした

今回は、少年野球における「打撃が良いチーム」の正体と、「強敵相手なら、サードが重要性ナンバー1」である理由を説明していきます。

*あくまで個人的な意見ですので、その点をご了承ください。

「バッティングが良い」チームの正体

少年野球でも、

「あのチームはバッティングいいぞ~」

「あのチームはよく打つぞ~」

と言われるチーム、ありますよね?

このチームの特徴って、だいたいが

「バッティングが良い」チームの特徴

・バッティングに自信がある(だけ)

打ちたがり(なだけ)

スイングは強いので、打球が多少速い

当てるのは上手いので、三振は少ない

速い球でも強く振って、当ててくる

意外と、遅い球に弱い

という共通点があります。

「本当にバッティングがスゴイのか?」というと、バッティングがスゴイ選手って、多くて1チームに2~3人(1番・3番・4番)程度じゃないですか?

実際は、全体を通してみれば大したことない

これが少年野球での「バッティングが良いチーム」の正体です。

最も「アウトをとれる選手」をサードに起用する

ということで、バッティングがスゴイと言われている(だけの)チームなら、サードに上手い(=アウトをとれる)選手を起用するのがベストです。

他に何か、特別な作戦とか、特別な対策とか、要りません。

強烈な打球が多いことから「ホットコーナー」とも言われるサード。

しかし、私自身もサード守備の経験が長くありますが「痛烈な打球が何発も来る」っていう試合は、少ないです。

ただし、ガンガン振ってくる(しかも当ててくる)ので、やっぱりサードは忙しくなります。笑

難しい打球はあまり来ないので、平凡な当たりを淡々と処理していければ、それで十分。

淡々と処理することが、試合終盤、相手を大いに苦しめることになるんです。

どういうことか?

だんだんプレッシャーになる

想像してみてください。

少年野球の試合で、味方が打ち損じた打球を、相手のサードがことごとくアウトにしている状況。

するとバッターは

「良い打球を打たなきゃ!」

「引っ張っちゃダメだ!」

と感じ始め、焦りを生み、気負い・プレッシャーへと変わる選手が出てきます。

やがて、全体に伝染し、味方チームは重苦しい雰囲気になるんです。

加えて、相手チームに「1点」「2点」と得点を重ねられたら、ますます焦りますよね?

強いチームの選手だって、人間なんで焦りはあります。

特別なプレーは必要無いんです。

淡々と、が対戦相手を苦しめます。

【まとめ】限られた戦力でも上位進出は夢ではない!

もちろん、他のポジションだって重要です。

全ての守備位置が鉄壁なら言うことありません。

とはいえ、少年野球の世界で毎年守備を強固にするのは難しいですよね。

だからこそ、優先的に決めるべきは「サード」という答えに行き着きます。

今回のポイント

少年野球の「打撃が良いチーム」の正体*右バッターが多い場合

バッティングに自信がある(だけ)

打ちたがり(なだけ)

スイングは強いので、打球が多少速い

三振が少ない

速い球でも強く振って、当ててくる

意外と、遅い球に弱い

結果、サードゴロ/フライが増えるから、それを堅実にアウトにできる選手がいれば、締まった試合に持ち込める、というわけです。

少ない人数、限られた戦力でも戦うことはできます!

監督/コーチの手腕で、それまで自信を持てなかったチームも、強敵と渡り合えるチームに導きましょう!

今回は以上です。

-少年野球:コーチングの悩み

Copyright© まっちーブログ , 2021 All Rights Reserved.