少年野球:コーチングの悩み 少年野球:親の悩み

【言い方キツくてごめんなさい】少年野球にいるダメな親の特徴

今回は少年野球に携わる親御さんや指導者の

チームの保護者に困った人がいる

困った保護者」を的確に表現すると…?

「困った保護者」を良い方向にリードしたい

どうすれば、良い方向にリードできるんだろう?

といった悩みの解決に役立つ記事です。

結論として、「困った保護者の明確な特徴が1つあります。これを改善する方法もあります。」ということです。

これにより、選手の育成とチーム全体の雰囲気向上の両面に、同時にアプローチできます。

以下、その説明です。

伸びる選手の親、逆は…

先日、さりげなくTwitterを見ていたら、ある方が切れ味バツグンの指摘をしているツイートを発見しました。

内容は、以下のようなものです。

伸びる選手の親は、

チーム全体のことを考える

は、

自分の子どものことばかり考える

これは本当に、ど真ん中・ど直球。笑

その通りだな、と思いました。

ダメな親は…

言い方は悪いですが、ダメ=はた目から見て「残念だな」と思う親って、いくつかパターンがあります。

代表的な2つを挙げます。

自分の子どものことしか考えてない

あからさまに自分の子どものことしか、考えないんですよね。

自分のお子さんが大切なのは分かります。

しかし、残念な保護者の口出しや行き過ぎたお節介が、チーム全体のモチベーションを下げることを知っておいて欲しいです。

なんでも与えるだけ/考えさせない

「なぜ?」「どうして?」という考え方が無い子は、間違いなく伸びません

野球に限った話ではありませんよね。

あなたの職場にいませんか?

・指示待ち人間

・言われたことしか、できない人/やらない人

私だったら可能な限り、指示待ち人間とは仕事したくありません

人としての伸びしろ(=魅力)を感じないからです。笑

幼少時代、いかに与えられてばかりの生活にどっぷり浸かっていたのか...

申し訳ないですが、親の教育が失敗した典型例です。

本当に我が子を伸ばせる親は

選手自身にも言えることですが、

本当に自分のためになることって、実はチーム全体にとっても有益なものとなるはずなんです。

つまり、自分のためとは

:自分ひとりだけのため

自分たち(自分を含めたチーム全体)のため

という答えに行き着きます。

改善方法

「困った親」の改善方法は、ダメな親の子どもにアプローチすることです。

というより、親の改善は諦めましょう。*「バ〇は死ななきゃ治%&$#」なので改善できません。

子どもだけ着目するんです!

例えば、あなたが指導者=監督ならば

ダメな親の子ども=選手に「守備位置や打順を複数=できれば全て経験してもらう」ことをオススメします。

なぜオススメなのか?メリットは?

様々なポジション、様々な立場を経験することで、無意識に自分の体験と他人=チームメイトの体験を共感できる機会が増えます。

別に、完璧にこなす必要はありません。

下手でもいいから経験してもらい、子どもに「共感する」「思いやる」心が身に付くきっかけを作ることです。

そして問題の親御さん。

予想できる反応としては、

「困った親」はきっとこんな反応をする

我が子のポジションがコロコロ変わることに戸惑う

指導者の方針に不満、最悪の場合口出しするかも

我が子が経験したポジションを現在担っている選手と比べたがる

といった具合で、当初はマイナス要素が多いです。

大事なのはそれ以降

それ以降の反応

1年間過ごしていると、あるポジションの選手が欠けるなどしてチームが困るときが訪れる

②それを救えるのは「困った親」の子どもだけという状況が起きる

③そして「自分(の子ども)がチームを救った」という経験をする

親子ともにチームに「貢献できた」という実感が、他者貢献のきっかけとなる

ただし、②~④は監督コーチが仕向けないといけません。

練習試合などを通してなるべく自然に仕向けられたら理想的です。

*他者貢献に関する詳述はこちらです

【人間関係】精神面を超!超!超!ラクにする考え方の話

続きを見る

ここでは一例として「守備位置などをたくさん経験してもらう」ことを挙げましたが、重要なのは他者貢献を体感してもらうことです。

「我が子がチームに貢献できた」というチーム全体に対する充実感。

「我が子がいろんな経験ができた」という自分に対する充実感。

同時に得られることで、ダメな親も何かが変わるかもしれません。

実践したプロ集団は

プロ野球の世界で「自分たち(自分を含めたチーム全体)のため」を実践したチームがあります。

それが2011年の中日ドラゴンズです。

当時の落合博満監督は選手に向けて、

他人のために野球をやるな

自分のために家族のために野球をやれ

と話していたそうです。

私は、この言葉の本質を

「他人のために『自己犠牲』をやるな。自分のために、家族のために自分ができる最大限の『他者貢献』をやれ。

という意味合いだと推測します。

自分ができる最善を尽くせば、その延長線でチーム全体の利益という結果につながるんです。

結果として、2011年の中日はシーズン最終盤、信じられないほどの強さで逆転優勝しました。

まとめ

今回のポイント

我が子を伸ばす親と伸ばせない親の違いは分かりやすい

伸ばす親はチーム全体のことを考える

かといって、他人のために考える必要はない

自分ができる最善を尽くせば自分(と我が子)を含めたチーム全体のため=他者貢献になる

あわせて読んでいただきたい

他の「ダメな保護者」の例として、やたら他人を巻き込むトラブルメーカーの存在がいます。

【解決策】少年野球(スポ少)の保護者間トラブルを回避するには?

続きを見る

【少年野球】トラブルメーカーの撃退方法「しなやかマインドセット」を紹介!

続きを見る

お子さんを褒めすぎてませんか?むやみに褒めるのは逆効果です。

【少年野球・スポ少】褒めてはダメ!重要なのは〇〇づけること

続きを見る

今回は以上です。

-少年野球:コーチングの悩み, 少年野球:親の悩み

Copyright© まっちーブログ , 2021 All Rights Reserved.